尼崎文学だらけ



尼崎文学だらけ、通称あまぶんさんに参加して来ました……!

前々回のお話をTLで眺めて楽しそうだなと思い、前回は通販だけ利用させていただいて矢張り楽しそうだなと指を咥え、この度漸く参加することが叶いました笑

毎度何かしら新しい試みがあるような印象で、今回は(いえ、参加するのは初めてですけれど)和室での開催だったのでした。


……和室?


行くまで余りイメージが湧いていなかったのも致し方のないことだと思います。(曲がりなりにも文章を書いているのに端から想像力の乏しさを晒してどうするのだろう……まあいいか)

和室ということしかわからなかったわたしは関東からの遠征だというのに着物を持参し、頒布物も全てキャリーケースに詰め込んで行きました!(当然疲れましたし腕が筋肉痛になりました)

少し遅れて行ったのですけれど、主催のにゃんしーさんが直ぐに気がついてくださって、どうぞどうぞと言われたのですけれど折角なのでパスポートも提示して奥へ。

すると(確か來さんが)桜鬼さん!と声をかけてくださって、他の皆さんも温かな挨拶で迎えてくださいました。

もうこの時点でぽかぽかと居心地のよい気がしていましたね。
(例えば文フリ東京は如何せんブースの数が多すぎて、他のサークルさんとの交流といっても来たときに両隣の方と形ばかりのご挨拶をし、始まってからフォロワーさんのブースに(行けたら)行って少しご挨拶をするくらいなので。拙作を買ってくださる方と交流ができるのはいいところなのですけれどね)

お会計はにゃんしーさんが全てのサークルさんのものを一括で請け負ってくださっていたので、設営さえ済めば後は自由に本を読んでもよし、お話をしてもよし、ポエトリーリーディングに聴き入ってもよし、つまりお客さんが来なくとも暇をしません!他の方のブースをゆったりと回ることができます!

設営が終わり、どうしようかなと思っていましたら自然と出店者さん同士でご挨拶タイムが始まりました(みなさん割とご挨拶できるチャンスを伺っていた様子で、この後も何度も似たような光景を目にしました)

これが所謂文学サロンというものなのでは……?(何方かも笑って仰っていましたけれど)

ゆっくり本が読める!というのが今回のあまぶんさんのウリだったわけなのですけれど、わたしは個人的に買った本をその場で読むよりはみなさんとお話ができたらと思い、読むことについては気になる本の試し読みに留め、お会計第一弾を済ませたところで「読書室」を覗きに行きました。

この「読書室」がもう殆ど楽屋といった雰囲気で、午前中はそれでも割合静かで本を読んでいる方も原稿を進めている方もいたのですが、午後は殆ど完全にサロンと化していましたね。
途中みなさんで名刺を交換していたときに実幻さんが、本に挟んであるけれどもしかしてそれよりもこっちでの方が必要だった!?と「物理的に抜いてきます!」宣言をして実際に自身のご本から抜いてきたらしい名刺を配りはじめたのが面白かったですね笑

お昼もその場にいた東堂さん、実幻さん、土佐岡さん、鹿紙路さんと一緒にパスタを食べに行き、わたしは話に夢中になりすぎてパスタが伸びました。(気がついたらみなさん食べ終わっていました、申し訳ない)中々できない経験だったと思います。
お店の方には「何の繋がりですか?」と不思議そうな顔をされました笑

一日の中で文章に関わる色々なお話を色々な方から聞いたのですけれど、たこやきさんが唐突に(?)拙作を褒めてくださるくだりがあり、それは周りのみなさんも聞いていたのであまりにハードルが上がり過ぎていることにテンパりました。ありがとうございました。本当恥ずかしいやら嬉しいやら恥ずかしいやらで笑
これもうダラダラと書きすぎてオチが見当たらないのですけれど、兎に角わたし的にはとても満足できるイベントでした。
少しでも雰囲気が伝わっていましたら幸いです(伝わるのか……?)

戦利品も沢山お迎えしてきました📚

PortRay 神戸ロケハン



神戸と横浜、ふたつの港町アンソロジー

PortRayの執筆者が決まってから既に一か月が経とうとしています。早いものですね。

原稿の締め切りも発行もまだまだ(と言っていると直ぐに迫ってくるものとはいえ)先のことですが、先日、神戸執筆担当のきよにゃさん、笹波さんとともにロケハンへ行ってまいりました……!

桜鬼は神戸を舞台にしては書かないのですけれど、これも主宰の特権ということで⚓️





集合時間がちょうどお昼時だったので、三人が揃ったところできよにゃさんオススメのお店へ。
すると蝶の留まった可愛らしいランプがお出迎え。

繁華街の大通りから少し横に入ったところにありました。街灯は既に神戸らしい。
(街歩きをするとつい見てしまうのですよね、街灯。それとマンホールも。数パターンの神戸マンホールを目にしたので桜鬼はこのとき早くも密かにご満悦だったのでした)




タコライスを食べつつお喋りに興じる三人🍽
ノンブルやその横の章題の入れ方の話から、某w○○dソフトが意地悪だという話に。
笹波さんの所属しているサークル「コハク燈」さんの裏話といいますか、力技具合が面白かったですね。




腹ごしらえをすませたら様々な異人館の横を通って目的の場所まで坂道を登ってまいります。
神戸の山手は文字通り「山手」ですからね、台風25号は何処へやらというような日照りも加わり兎に角暑い……
(このあたりからきよにゃさんが段々と溶けかかり……)
ですが、この神戸異人館エリア、金木犀が至るところで咲き誇り、とても幸せな香りがしていました✨





目的の場所その壱「萌黄の館」

何故全体像を撮らなかったのか……
この場所、実はPortRayの仮タイトルロゴの背景に使っている建物なのでした。
そのため、実際にその場所で背景写真の話も出ましたね。
館内には家具に紛れ込むように神戸異人館エリアを題材にしたアーティストさんの作品らしき一連の絵画が各部屋に飾られておりまして、以前来たときには違う絵が飾られていたような気がするので、もしかすると期間限定なのでしょうか。
……まあそれはさておき、今回ここは中までぐるりと見ているので、神戸組のどなたかの作品に登場する可能性は大いにあり得るのではないかなと思っています。誰もまだはっきりここを書くとは言っていませんけれどね。






目的地その弐「風見鶏の館」

館内冷房が効いておりました!ありがたい!
こちらではちょうど神戸の今と昔を写真で見比べることのできる展示が開かれていました。
そのモノクロ写真を眺めながら、ここまでの昔を書こうとすると景色も何も変わってきてしまうので調べるのが大変だという話に。
アンソロジーの規定は神戸か横浜か、どちらか古い方の開港に合わせた記憶があったので、それ以降の時代であれば主宰はにっこにこで拝読させていただくのですけれどね。




目的の場所を堪能し、広場の直ぐ下でソフトクリームを食べたのち、最後に来たのは復元された異人館をそのまま使用したスタ○です☕︎

現代ものを書くならちょうどいい神戸スポットだという話に。これは可能性高いかしら……?(アンソロは裏切りの地という話も聞くのでわたしがここで出るかもなどと言うと総じて登場しなくなる可能性も否定できないのですが、まあ、執筆者さんたちには本当自由に書いていただければと笑)
反響する室内に驚きつつも、プロットの話や印刷所の話など、書き手らしい話で盛り上がりました🖋




そして翌日は尼崎文学だらけ📚

こちらには東堂さんが出店していまして、イベントの仕組みもあり色々とお話をすることができました。
東堂さん、出身は関東なのでぽろりと「神戸弁が書けない」と言っていたのですがどのような作品になるのでしょうね。




とこのようなわけで、執筆者が決まってから急遽思いつきのまま敢行しました神戸ロケハンでしたが、みなさんと直接顔を合わせてみて、益々アンソロジーの完成が楽しみになってまいりました!✨

まだ予定は未定なのですけれど、横浜ロケハンもできたらいいなと思っていたりしますので、これからもPortRayをちらちら気にしていただけましたら幸いです……!⚓️✨


PortRay 主宰 桜鬼

シズムアンソロジー ComingSoon

「湛む」という言葉から、或いは「耽美」という言葉から、思い描くイメージとはどのようなものでしょうか。

今回参加させていただいたアンソロジーではこれらの言葉と、更には「船」「花」「廃温室」を共通のキーワードとして6名がそれぞれに掌篇を納めています。

主軸となるうさうららさん『湛む 其の一』によってふっと照明が切り替わるのを皮切りに、麻薬然とした甘さを漂わせる白河紫苑さん『禍福の淋漓』、無垢な視点がどこかひやりとさせられる紺堂カヤさん『咲いて枯れるもの、手折るもの』、SFの切り口で描かれ"含み"を多分に堪能することのできる磯崎愛さん『ブーガンヴィルとオルー』、海に咲く花が心地よい読後感を残していく瓜越古真さん『月夜の海にくらげ咲く』、混乱を誘う文体で微力ながら主軸を支える散文桜鬼『湛む 其のニ』、そうしてうさうららさん『湛む 終章』により幕が閉じる。

それぞれの掌篇の最後には登場した花の解説文と挿絵がついており、『湛む』各章にもふんだんに挿絵が盛り込まれています。

速読が得意な方にも、そうでない方にも、いつになくゆったりと、それこそ湛むように読んでいただけるアンソロジーなのではないかと思います。

主宰のうさうららさん、また共に作品を納める機会に恵まれましたみなさん、どうもありがとうございました……!
とても楽しかったです……✨

【頒布予定】
5/6 第二十六回文学フリマ東京 
ウェブカタログ(ホワイトのみ)
5/27 第四回文学フリマ金沢
(ホワイトのみ)
7/16 Text-Revolutions7
未定 zine展 in Beppu5

Kino-Kuni文學賞 佳作入選

Kino-Kuni文學賞にて拙作『迷子の栞』を佳作に選んでいただきました。ありがとうございます。

Doujin Full-Course2017

同人フルコース2017!
言い換えますと、桜鬼の選ぶ今年の同人誌7選、です……!
(冒頭の写真はガニェールさんで撮らせていただいたものですが、テキストとは全く関係がございません)

【前置き】
(飛ばしてどうぞ)
さて、わたしは普段Twitterにて商業誌も同人誌も関係なく読了ツイートに上げていますので、探そうと思えばメディア欄から色々な本の感想を掘り出すことができる仕様になってはいます。
なってはいますけれど、基本的にその場限りのTLで見逃せばそれまでというスタンスでいますので、他に少し探せば見つかる(かもしれない)場所で個人的なおすすめを上げてみようという気持ちが起こりました。
特に同人誌は好みの本を探すのが一苦労でご本人さまが精力的に宣伝されていても見逃すことがしばしば。
読了ツイートでは商業誌の似た趣味の方は沢山集まってきてくださっているのですけれど、同人誌ですともう一つダメ押しが欲しいところ。
というわけでフルコース。
どうしてフルコースかと言いますと、同人誌評やシーズンレース、コンテスト等既に色々な方が色々なことをされていて、僅かでもユニークさを足したかったというだけのことです。
ああ、長かった前置き。
【Menu】Doujin Full- Course 2017

食前酒『白鳥のソネ』結崎剛訳
前菜『パペット・チルドレン』咲折
スープ『一月の大彗星・前夜』砂金葉之
魚料理『永遠の不在をめぐる』風野湊
肉料理『ウソツキムスメ』泉由良
デザート『五つの小品』灰野蜜
コーヒー『for 「Rain」』村谷由香里他
(敬称略)

食前酒『白鳥のソネ』 結崎剛訳

キリッとした口あたり、目の覚める味。
わたしは海外文学があまり得意ではない。それは翻訳者の文体が舌に合わなかった記憶が若干のトラウマになっている所為。
ところがこの結崎剛さんの作品は先ずグラスが一点もので、中身の色が最も映えるように選ばれている。
この製本の形は他に類を見ない。
新鮮な驚きに魅せられてひと口……あれ、なんだ、翻訳って美味しい……
フランス語と日本語のマリアージュはどちらが跪くわけでもなく、引けを取るまい譲るまいと競演している。

前菜『パペット・チルドレン』 咲折

色鮮やかな数種のソースが真白な皿の上に描かれている。
ときに絡み合うように、ときに退け合うように。
一見不規則に並ぶひと口大の前菜たちは素材も全て異なるようで、どれから口をつけようか迷うほどなのだけれど迷う余裕もなく、いつのまにか完食している。
なんてエンターテイメントだろう。
退廃的な世界観が醸し出す美しさと、そこで鮮明な色を残すキャラクターたちの美しさ。
引き込まれてしまうわけだ。

スープ『一月の大彗星・前夜』砂金葉之

素材をめいいっぱい自らの手の内に引き込んだ味。
舌触りのなめらかな文体は現実に束の間の休息を与える。
肩の力が抜け、決して飽きのこないひと匙をひとすくい、ふたすくい。
そして嘆息。
自然体な群像は二年越しで芽を出す球根や草はらを飛び跳ねる飛蝗並みに気紛れなようでいて、しかし静かに収束する。
わたしたちは確かに傍観者で、それが殊の外心地よい。

魚料理『永遠の不在をめぐる』 風野湊

白身魚がほろりと解れる。
酸味が隠し味のさっぱりとしたソースに魚の味がぎゅっと絡む。
不必要に柔らかいわけではなく、同じ方向にほろりほろりと解れていく。その向きは変わらない。
潮の流れの穏やかな海域で育ったのだろう、穏やかな温もりを感じる。視界は外へと広がっていく。
ひと口毎に揺られている気がする。ほとんど凪いでいる静かな静かな海だけれど。
これで実は素材が深海魚だったりするのだから恐れ入る。

肉料理『ウソツキムスメ』 泉由良

赤ワインのソースは存分にアルコールの味を残している。
色も形も見えないけれどどうやらフォアグラも使われている。
蕾の形に盛り付けられたローストビーフは鮮やかさと不安定さが共存している。
初めから終わりまで濃密な味わい。
内側へ内側へ、暴いては駄目だ。
ただ触れるだけ、見つめるだけ、そうでなければ壊れてしまう。
あともう一つ、果実のような隠し味がわからない。

デザート『五つの小品』灰野蜜

大人味のプティガトー。
これは先ず間違いなくブランデー入りだろう。
こちらは珈琲風味かな。
嗜好品とはまさにこういうものをいうのかもしれない。
ひと口で食べてしまうのが勿体ない。けれど、口いっぱいに広がる香りと味は一度に放り込まなければわからない。
しっとりとした食感とバターのまろやかさ。
目を瞑り味わいたい、浸りたい。

珈琲『for「Rain」』村谷由香里他

ひと癖もふた癖も違う。
豆、焙煎、ブレンド、淹れ方。
素材の味わいを前面に引き出しておきながら最後まで本当のところはわからない。
これもカップに拘りが見える。
ミルクを加えても美味しいし、砂糖を加えても美味しい。どのような飲み方をしたとしてももとの味がはっきりとわかる。
飲み干したあと、白い磁器に残る三日月にはっとする。
ふう、お腹いっぱいです。
あらすじは何処へ消えたのでしょうか。
あまり参考にならないレビュー?が完成いたしましたが、美味しそうに見えていたなら成功です。
また来年も色々な本に出会いたいですね。
0 コメント