第二十七回文学フリマ東京



こんばんは、桜鬼です🌙
週末は一般参加のみなさまも出店者のみなさまもお疲れさまでした……!

わたしは去年の初出店から漸く一年が経ちました。東京への出店もこれでまだ二回目なのですよね……とはいえあまぶんやHUBに出ておきながら初心者にありがちなミスを犯して初心者なので!とは言っていられないものだなと気持ちを新たにした一日でした。

というのも、ブース数990?という過去最多の規模での開催では、当然のように初出店の方がわんさか……!
コミケやコミティア経験者であればまた違いますけれど文フリは即売会初心者が大変多い。
これはある意味ではとても素敵なことだと思います。
けれども一方では一般参加すら経ずに突撃出店される方が多いこともまた事実のようでして。

とりあえず、ナワバリ意識はしっかりしましょう……!

いえ、冗談ではなく、
【(自分が)隣のブースに侵食しない、(お客さんを隣のブースに浸食)させない】
これは鉄則です。
わたしも今一度肝に命じました。

特にですね、大人数のサークルさんは内部でそのあたりを徹底してくださらないとこちらから店番交代のたびに注意する、仲間の方が様子見に来るたびに注意するというのは流石に厳しい。

公式さまによるご挨拶タイムの際お隣さんが初出店と仰られたので「ブースをはみ出さないことだけ気をつけてくだされば!」とお伝えしたところその場にいた方々は頑張ってくださっていたのですけれど、次に出店されるときまでにもう少しサークル全体で徹底しないと次に隣になるサークルさんによっては一寸厳しい場面があるかもしれないと思いました。
これはお隣さんが悪いと言いたいわけではなく、事前にこの鉄則がどれほど重要かということを知る手立てがなかったということもあるとは思うのですよね。
気のいい方々でしたし初出店の方々がああして楽しむことができる環境を潰さないというのは、長く出店しようと考えている身としてひとつ思うところではあります。
……と真面目な話をしてしまった……




今回の設営はこのような感じでした⚓️
この設営のポイントはですね、高さを出しながらも機材はコンパクトに持ち運べるということですかね。
裏側は中々突貫です。倒れなければいいのよ。




愛用しているのはこのポップを入れている硬質カードケースですね。
毎度ポップを変更しても印刷して中に入れるだけで済みますし、何よりポップが折れない、汚れない。
また、A7サイズのものは値札に利用しています。
値札に作品の説明を入れるのは前回も効果を感じた部分なのですけれど、今回は更に作品の立ち位置(おすすめ、お試しに、など)と種類(短篇集、掌篇、など)を明記したのがかなり効力を発揮していた印象でした。




つまり何がどれだけ出たかと言いますと……

新刊『天使の番』 16冊
おすすめ『移ろい』 9冊
準新刊『百日紅』 6冊
お試しに『感受回路の首飾り』 6冊
詩歌好きな方に『呟集 真珠』 2冊
裏メニュー 小品くじ 1種

1冊も出なかった本がなかったというのはこの方針のおかげが大きかったのかなと思います。




そしてブースを訪ねてくださった方の割合としては
出店されているフォロワーさん:フォロワーさん:完全に初めましての方=8:2:3
くらいでした。

わたしとしては喜ばしい比率ですね。
出店されているフォロワーさんの比率がもっと多くなるかと思っていたので。
出店されているフォロワーさんは先ず間違いなく会場にはいらっしゃいますけれど、それ以外の方は会場に訪ねてこられるところからですからね……!
そうなってくるともう作品に手を伸ばしてくださらなくとも挨拶ができるだけで嬉しいのですよねえ。
勿論出店されている方も同じ立場だからこそ忙しい中ブースに立ち寄ってくださるのがどのくらい大変かわかりますし、短い時間の中でわたしのブースを選んでくださったというのは本当に嬉しいです。




最後に話を全体に戻しまして文フリ東京についてなのですけれど、春に二回一般参加、秋に二回出店をして、今回特にいつもと違ったなと思ったことはやはり「積極的な一般参加者が多かった」ということでした。

わたしの新刊もそうなのですけれど、今回あちらこちらで完売の声が上がっておりまして、その理由のひとつに「通常の見積もりを上回るお客さんが来ていた」ということがあったのだと思います。

実際のところわたしのフォロワーさん(一般参加でいらしていた方々)もどうやら嬉々として積ん読を増やしにかかっていたようで。
今までは一般参加というと「少し雰囲気を楽しみにきて、もし余程気にいるものがあれば何か買うこともあるかな」くらいの心意気の方のイメージだったのですけれど、今回の一般参加の方々はもう勢いが違いましたね……何かしらは買う気で来ている様子でした。勿論実際は色々な楽しみ方をされている方がいらっしゃったのでしょうが、平均をとると先の印象で言い切っても構わないだろうと思います。

面白いなと思ったのは、ある方が仰っていた「プロじゃない人の作品が読みたくなったときに紙で出されているのが嬉しい」という台詞で、日頃からプロじゃない人の作品を読みたくなって読む環境にいる人たちというのはどういった人たちのことなのだろうと思ったのですよね。
それではたと、もしかすると、ウェブ上の投稿サイトは所謂インディーズバンドを追っかけるのと似た心理を養う場にもなっていて、元来紙の本が好きだけれども新たな作品を発掘したいと思うと投稿サイトしかないと考えていた人、にこのイベントを知ってもらえるとかなりまた層が厚くなるのではないかしらと思ったのでした。




何故だか結局少し真面目なお話をちょこちょこしてしまった気がするのですけれど、つまるところ総じて収穫の多い一日でした。
長々とここまで読んでくださった方、どうもありがとうございました。

次の2019/5/6の文フリ東京では横浜と神戸を舞台にした港町アンソロジー『PortRay』を引っさげて出店する予定ですのでお楽しみに⚓️

波の寄る辺  桜鬼

戦利品リスト
『質草食みて』砂金葉之
『walking postcard vol.1』風野湊
『新奇蹟 四・五』新奇蹟
『FLAT』オカワダアキナ
『煙の女』同上
『迎え火』狐伏澤つたゐ
『ジェミニとほうき星』高梨來
『Night and Day Day and night』同上
『やがて白になる』九十九九音
『詳しい予感』泉由良
『魔法の速度』蓮井遼
『187』ハスミケイ
『破壊』転枝
『制服の女』同上
『WUNDERKAMMER』同上
『つばめの巣 11号』つばめ綺譚社
『Stage 海』ポート
『Scene 罪の意識』同上
『影』茉莉ゆんゆ
『星待ちの海』同上
『生きは酔々』単色スペクトル
(以上敬称略)

2018/11/25

PortRay 横浜ロケハン



横浜と神戸、ふたつの港町アンソロジー


神戸のロケハンから早くも一ヶ月……と思っていましたら中々書き起こす時間が取れず十一月も終わりに近づいてきてしまいました。これから書くのは四日のお話なのですが……
というわけで今回は横浜執筆陣のおかさん、森さん、桜鬼の三人で横浜ロケハンへ行ってまいりました……!⚓️

少し前まで天気予報は晴れの筈だったのでさけれど、実際は生憎の雨……石川町駅から出発です。

石川町駅は(元町・中華街)ともある通り中華街のすぐ側の駅でして、折角なので中を通り抜けていくことに。

来てみるとやはり書きたくなるのが書き手の性(?)××を止めて中華街を出そうかな……という台詞が飛び出すほど。
多国籍エリアも面白いですしね。

しかしこの日の目的地は他に沢山詰め込んでありましたので早々に大通りから逸れる一行、西へと向かいます。



……と思いきやここで突然おかさんが消失……💦


本当に姿が見えず、少し待ってみたところ更に細い路地から戻って来ました。気になったお店の写真を撮っていたようで。

気を取り直して進んでいきますと高速道路に突き当たります。



…………がその前に今度は森さんが消失……💦


こちらは非常階段を撮っていたそうです。この時点で主宰は、今日はこまめに後ろを振り返ろう、と心に決めたのでした。

高架下っていいですよね!とお二人。実は趣味が似ていらっしゃるのかなと思ったり。




元町も通り抜け元町公園へ。
目的地その壱ですね。

秋のプールは遠目にも大変なことになっていました。おかさん曰くいい感じ!

写真を撮って(といってもわたしのスマホには残っていないのですよね……ブログ書くことをわかっているのだから撮りなさいよ)更に上ると山手資料館の前に出ます。
こちらが目的地その弐です。

中は撮影禁止なのですけれど小さいながらも中身のある展示ばかりで情報量はたっぷりでしたね。森さんがかなりじっくり見ていたので、何かしら登場するかもしれません。(しかしこう書くと登場しなくなりそうですねとは神戸回でも書いた気がする)




お次は……の前に道の途中で白い公衆電話を見つけました。可愛い……!




目的地その参はベーリックホールです。
いくつかのお部屋は披露宴で使用中だったのですけれど、広いのでそれでも見応えがありました。




さてここからはバス停までひたすら歩きます。しかも住宅地……希望したのは桜鬼ですね、はい。




辿り着いたバス停の側にはおかさんが気になっていたというお店があったのですけれど、残念なことに定休日のようでした……

雨足がいよいよ強まってきたということでバスを降りたところでひと休み。

「黄色い目」のお店ですこーし重めのおやつをいただきました。そう、ハンバーガーやナチョスライスセットをですね。夜ご飯を食べる予定だったのですけれどこれは変更になりそうだなあと思いました。
とはいえ印刷部数の話や書店委託の話などで盛り上がり、お店を出てみると幸運なことに曇り空……!まだまだ歩きますよ。




ここはどこ……わたしは誰……
はい、横浜なのですよここも。写真を見てぱっと細かな地名を答えられる方はいらっしゃるのでしょうか……そしてそれよりもこのアンソロジーの横浜パートの向かう先は一体……




最後の目的地は曰く地の果て……⚓️

ちょうど日の暮れかかる時間、全てが灰色掛かって見えました。
濃い磯の香りに船の明かり、海ですねえ。
三人のテンションは最高潮でした🌊




そうして締めくくりは野毛のお店で🍸
それぞれの小説の書き方や凄いと思う作品、時代の変遷についてなどなど、とても濃いお話が聞けました。


それにしても今回はよく歩きましたね。
そろそろ原稿に手をつけなければ間に合わなくなりそうなのですけれど、横浜組も神戸組も実際の場所を訪れ色々なお話をしたからこそ、どのような作品が上がってくるのか気になってしようがないこの頃です。
本当、楽しみですね。

また日曜の文フリ東京にはおかさん(ザネリ)、森さん(新奇蹟)、きよにゃさん(招福来猫)、桜鬼(波の寄る辺)が出店しますのでそちらもチェックしてみてくださいね。

主宰 桜鬼

尼崎文学だらけ



尼崎文学だらけ、通称あまぶんさんに参加して来ました……!

前々回のお話をTLで眺めて楽しそうだなと思い、前回は通販だけ利用させていただいて矢張り楽しそうだなと指を咥え、この度漸く参加することが叶いました笑

毎度何かしら新しい試みがあるような印象で、今回は(いえ、参加するのは初めてですけれど)和室での開催だったのでした。


……和室?


行くまで余りイメージが湧いていなかったのも致し方のないことだと思います。(曲がりなりにも文章を書いているのに端から想像力の乏しさを晒してどうするのだろう……まあいいか)

和室ということしかわからなかったわたしは関東からの遠征だというのに着物を持参し、頒布物も全てキャリーケースに詰め込んで行きました!(当然疲れましたし腕が筋肉痛になりました)

少し遅れて行ったのですけれど、主催のにゃんしーさんが直ぐに気がついてくださって、どうぞどうぞと言われたのですけれど折角なのでパスポートも提示して奥へ。

すると(確か來さんが)桜鬼さん!と声をかけてくださって、他の皆さんも温かな挨拶で迎えてくださいました。

もうこの時点でぽかぽかと居心地のよい気がしていましたね。
(例えば文フリ東京は如何せんブースの数が多すぎて、他のサークルさんとの交流といっても来たときに両隣の方と形ばかりのご挨拶をし、始まってからフォロワーさんのブースに(行けたら)行って少しご挨拶をするくらいなので。拙作を買ってくださる方と交流ができるのはいいところなのですけれどね)

お会計はにゃんしーさんが全てのサークルさんのものを一括で請け負ってくださっていたので、設営さえ済めば後は自由に本を読んでもよし、お話をしてもよし、ポエトリーリーディングに聴き入ってもよし、つまりお客さんが来なくとも暇をしません!他の方のブースをゆったりと回ることができます!

設営が終わり、どうしようかなと思っていましたら自然と出店者さん同士でご挨拶タイムが始まりました(みなさん割とご挨拶できるチャンスを伺っていた様子で、この後も何度も似たような光景を目にしました)

これが所謂文学サロンというものなのでは……?(何方かも笑って仰っていましたけれど)

ゆっくり本が読める!というのが今回のあまぶんさんのウリだったわけなのですけれど、わたしは個人的に買った本をその場で読むよりはみなさんとお話ができたらと思い、読むことについては気になる本の試し読みに留め、お会計第一弾を済ませたところで「読書室」を覗きに行きました。

この「読書室」がもう殆ど楽屋といった雰囲気で、午前中はそれでも割合静かで本を読んでいる方も原稿を進めている方もいたのですが、午後は殆ど完全にサロンと化していましたね。
途中みなさんで名刺を交換していたときに実幻さんが、本に挟んであるけれどもしかしてそれよりもこっちでの方が必要だった!?と「物理的に抜いてきます!」宣言をして実際に自身のご本から抜いてきたらしい名刺を配りはじめたのが面白かったですね笑

お昼もその場にいた東堂さん、実幻さん、土佐岡さん、鹿紙路さんと一緒にパスタを食べに行き、わたしは話に夢中になりすぎてパスタが伸びました。(気がついたらみなさん食べ終わっていました、申し訳ない)中々できない経験だったと思います。
お店の方には「何の繋がりですか?」と不思議そうな顔をされました笑

一日の中で文章に関わる色々なお話を色々な方から聞いたのですけれど、たこやきさんが唐突に(?)拙作を褒めてくださるくだりがあり、それは周りのみなさんも聞いていたのであまりにハードルが上がり過ぎていることにテンパりました。ありがとうございました。本当恥ずかしいやら嬉しいやら恥ずかしいやらで笑
これもうダラダラと書きすぎてオチが見当たらないのですけれど、兎に角わたし的にはとても満足できるイベントでした。
少しでも雰囲気が伝わっていましたら幸いです(伝わるのか……?)

戦利品も沢山お迎えしてきました📚

PortRay 神戸ロケハン



神戸と横浜、ふたつの港町アンソロジー

PortRayの執筆者が決まってから既に一か月が経とうとしています。早いものですね。

原稿の締め切りも発行もまだまだ(と言っていると直ぐに迫ってくるものとはいえ)先のことですが、先日、神戸執筆担当のきよにゃさん、笹波さんとともにロケハンへ行ってまいりました……!

桜鬼は神戸を舞台にしては書かないのですけれど、これも主宰の特権ということで⚓️





集合時間がちょうどお昼時だったので、三人が揃ったところできよにゃさんオススメのお店へ。
すると蝶の留まった可愛らしいランプがお出迎え。

繁華街の大通りから少し横に入ったところにありました。街灯は既に神戸らしい。
(街歩きをするとつい見てしまうのですよね、街灯。それとマンホールも。数パターンの神戸マンホールを目にしたので桜鬼はこのとき早くも密かにご満悦だったのでした)




タコライスを食べつつお喋りに興じる三人🍽
ノンブルやその横の章題の入れ方の話から、某w○○dソフトが意地悪だという話に。
笹波さんの所属しているサークル「コハク燈」さんの裏話といいますか、力技具合が面白かったですね。




腹ごしらえをすませたら様々な異人館の横を通って目的の場所まで坂道を登ってまいります。
神戸の山手は文字通り「山手」ですからね、台風25号は何処へやらというような日照りも加わり兎に角暑い……
(このあたりからきよにゃさんが段々と溶けかかり……)
ですが、この神戸異人館エリア、金木犀が至るところで咲き誇り、とても幸せな香りがしていました✨





目的の場所その壱「萌黄の館」

何故全体像を撮らなかったのか……
この場所、実はPortRayの仮タイトルロゴの背景に使っている建物なのでした。
そのため、実際にその場所で背景写真の話も出ましたね。
館内には家具に紛れ込むように神戸異人館エリアを題材にしたアーティストさんの作品らしき一連の絵画が各部屋に飾られておりまして、以前来たときには違う絵が飾られていたような気がするので、もしかすると期間限定なのでしょうか。
……まあそれはさておき、今回ここは中までぐるりと見ているので、神戸組のどなたかの作品に登場する可能性は大いにあり得るのではないかなと思っています。誰もまだはっきりここを書くとは言っていませんけれどね。






目的地その弐「風見鶏の館」

館内冷房が効いておりました!ありがたい!
こちらではちょうど神戸の今と昔を写真で見比べることのできる展示が開かれていました。
そのモノクロ写真を眺めながら、ここまでの昔を書こうとすると景色も何も変わってきてしまうので調べるのが大変だという話に。
アンソロジーの規定は神戸か横浜か、どちらか古い方の開港に合わせた記憶があったので、それ以降の時代であれば主宰はにっこにこで拝読させていただくのですけれどね。




目的の場所を堪能し、広場の直ぐ下でソフトクリームを食べたのち、最後に来たのは復元された異人館をそのまま使用したスタ○です☕︎

現代ものを書くならちょうどいい神戸スポットだという話に。これは可能性高いかしら……?(アンソロは裏切りの地という話も聞くのでわたしがここで出るかもなどと言うと総じて登場しなくなる可能性も否定できないのですが、まあ、執筆者さんたちには本当自由に書いていただければと笑)
反響する室内に驚きつつも、プロットの話や印刷所の話など、書き手らしい話で盛り上がりました🖋




そして翌日は尼崎文学だらけ📚

こちらには東堂さんが出店していまして、イベントの仕組みもあり色々とお話をすることができました。
東堂さん、出身は関東なのでぽろりと「神戸弁が書けない」と言っていたのですがどのような作品になるのでしょうね。




とこのようなわけで、執筆者が決まってから急遽思いつきのまま敢行しました神戸ロケハンでしたが、みなさんと直接顔を合わせてみて、益々アンソロジーの完成が楽しみになってまいりました!✨

まだ予定は未定なのですけれど、横浜ロケハンもできたらいいなと思っていたりしますので、これからもPortRayをちらちら気にしていただけましたら幸いです……!⚓️✨


PortRay 主宰 桜鬼

シズムアンソロジー ComingSoon

「湛む」という言葉から、或いは「耽美」という言葉から、思い描くイメージとはどのようなものでしょうか。

今回参加させていただいたアンソロジーではこれらの言葉と、更には「船」「花」「廃温室」を共通のキーワードとして6名がそれぞれに掌篇を納めています。

主軸となるうさうららさん『湛む 其の一』によってふっと照明が切り替わるのを皮切りに、麻薬然とした甘さを漂わせる白河紫苑さん『禍福の淋漓』、無垢な視点がどこかひやりとさせられる紺堂カヤさん『咲いて枯れるもの、手折るもの』、SFの切り口で描かれ"含み"を多分に堪能することのできる磯崎愛さん『ブーガンヴィルとオルー』、海に咲く花が心地よい読後感を残していく瓜越古真さん『月夜の海にくらげ咲く』、混乱を誘う文体で微力ながら主軸を支える散文桜鬼『湛む 其のニ』、そうしてうさうららさん『湛む 終章』により幕が閉じる。

それぞれの掌篇の最後には登場した花の解説文と挿絵がついており、『湛む』各章にもふんだんに挿絵が盛り込まれています。

速読が得意な方にも、そうでない方にも、いつになくゆったりと、それこそ湛むように読んでいただけるアンソロジーなのではないかと思います。

主宰のうさうららさん、また共に作品を納める機会に恵まれましたみなさん、どうもありがとうございました……!
とても楽しかったです……✨

【頒布予定】
5/6 第二十六回文学フリマ東京 
ウェブカタログ(ホワイトのみ)
5/27 第四回文学フリマ金沢
(ホワイトのみ)
7/16 Text-Revolutions7
未定 zine展 in Beppu5