Kino-Kuni文學賞 佳作入選

Kino-Kuni文學賞にて拙作『迷子の栞』を佳作に選んでいただきました。ありがとうございます。

Doujin Full-Course2017

同人フルコース2017!
言い換えますと、桜鬼の選ぶ今年の同人誌7選、です……!
(冒頭の写真はガニェールさんで撮らせていただいたものですが、テキストとは全く関係がございません)

【前置き】
(飛ばしてどうぞ)
さて、わたしは普段Twitterにて商業誌も同人誌も関係なく読了ツイートに上げていますので、探そうと思えばメディア欄から色々な本の感想を掘り出すことができる仕様になってはいます。
なってはいますけれど、基本的にその場限りのTLで見逃せばそれまでというスタンスでいますので、他に少し探せば見つかる(かもしれない)場所で個人的なおすすめを上げてみようという気持ちが起こりました。
特に同人誌は好みの本を探すのが一苦労でご本人さまが精力的に宣伝されていても見逃すことがしばしば。
読了ツイートでは商業誌の似た趣味の方は沢山集まってきてくださっているのですけれど、同人誌ですともう一つダメ押しが欲しいところ。
というわけでフルコース。
どうしてフルコースかと言いますと、同人誌評やシーズンレース、コンテスト等既に色々な方が色々なことをされていて、僅かでもユニークさを足したかったというだけのことです。
ああ、長かった前置き。
【Menu】Doujin Full- Course 2017

食前酒『白鳥のソネ』結崎剛訳
前菜『パペット・チルドレン』咲折
スープ『一月の大彗星・前夜』砂金葉之
魚料理『永遠の不在をめぐる』風野湊
肉料理『ウソツキムスメ』泉由良
デザート『五つの小品』灰野蜜
コーヒー『for 「Rain」』村谷由香里他
(敬称略)

食前酒『白鳥のソネ』 結崎剛訳

キリッとした口あたり、目の覚める味。
わたしは海外文学があまり得意ではない。それは翻訳者の文体が舌に合わなかった記憶が若干のトラウマになっている所為。
ところがこの結崎剛さんの作品は先ずグラスが一点もので、中身の色が最も映えるように選ばれている。
この製本の形は他に類を見ない。
新鮮な驚きに魅せられてひと口……あれ、なんだ、翻訳って美味しい……
フランス語と日本語のマリアージュはどちらが跪くわけでもなく、引けを取るまい譲るまいと競演している。

前菜『パペット・チルドレン』 咲折

色鮮やかな数種のソースが真白な皿の上に描かれている。
ときに絡み合うように、ときに退け合うように。
一見不規則に並ぶひと口大の前菜たちは素材も全て異なるようで、どれから口をつけようか迷うほどなのだけれど迷う余裕もなく、いつのまにか完食している。
なんてエンターテイメントだろう。
退廃的な世界観が醸し出す美しさと、そこで鮮明な色を残すキャラクターたちの美しさ。
引き込まれてしまうわけだ。

スープ『一月の大彗星・前夜』砂金葉之

素材をめいいっぱい自らの手の内に引き込んだ味。
舌触りのなめらかな文体は現実に束の間の休息を与える。
肩の力が抜け、決して飽きのこないひと匙をひとすくい、ふたすくい。
そして嘆息。
自然体な群像は二年越しで芽を出す球根や草はらを飛び跳ねる飛蝗並みに気紛れなようでいて、しかし静かに収束する。
わたしたちは確かに傍観者で、それが殊の外心地よい。

魚料理『永遠の不在をめぐる』 風野湊

白身魚がほろりと解れる。
酸味が隠し味のさっぱりとしたソースに魚の味がぎゅっと絡む。
不必要に柔らかいわけではなく、同じ方向にほろりほろりと解れていく。その向きは変わらない。
潮の流れの穏やかな海域で育ったのだろう、穏やかな温もりを感じる。視界は外へと広がっていく。
ひと口毎に揺られている気がする。ほとんど凪いでいる静かな静かな海だけれど。
これで実は素材が深海魚だったりするのだから恐れ入る。

肉料理『ウソツキムスメ』 泉由良

赤ワインのソースは存分にアルコールの味を残している。
色も形も見えないけれどどうやらフォアグラも使われている。
蕾の形に盛り付けられたローストビーフは鮮やかさと不安定さが共存している。
初めから終わりまで濃密な味わい。
内側へ内側へ、暴いては駄目だ。
ただ触れるだけ、見つめるだけ、そうでなければ壊れてしまう。
あともう一つ、果実のような隠し味がわからない。

デザート『五つの小品』灰野蜜

大人味のプティガトー。
これは先ず間違いなくブランデー入りだろう。
こちらは珈琲風味かな。
嗜好品とはまさにこういうものをいうのかもしれない。
ひと口で食べてしまうのが勿体ない。けれど、口いっぱいに広がる香りと味は一度に放り込まなければわからない。
しっとりとした食感とバターのまろやかさ。
目を瞑り味わいたい、浸りたい。

珈琲『for「Rain」』村谷由香里他

ひと癖もふた癖も違う。
豆、焙煎、ブレンド、淹れ方。
素材の味わいを前面に引き出しておきながら最後まで本当のところはわからない。
これもカップに拘りが見える。
ミルクを加えても美味しいし、砂糖を加えても美味しい。どのような飲み方をしたとしてももとの味がはっきりとわかる。
飲み干したあと、白い磁器に残る三日月にはっとする。
ふう、お腹いっぱいです。
あらすじは何処へ消えたのでしょうか。
あまり参考にならないレビュー?が完成いたしましたが、美味しそうに見えていたなら成功です。
また来年も色々な本に出会いたいですね。
0 コメント

エブリスタ 三行から参加できる 超・妄想コンテスト「夢の叶え方」入選

エブリスタ 三行から参加できる 超・妄想コンテスト「夢の叶え方」にて『貘の悪戯』を優秀作品に選んでいただきました。

ありがとうございます。

シズムアンソロジー

この度、花うさぎのうさうららさんと磯崎愛さんの主催する『シズムアンソロジー』に参加させていただくことが決定いたしました……!


応募者22名、枠4名という5.5倍の確率で勝ち残るだけの運がわたしの中にも残っていたのですね……

執筆者は
うさうららさん @usaurara
磯崎愛さん @isozakiai
瓜越古真さん @f_urigoe
紺堂カヤさん @kaya_kon
出口花霞さん @kasumi_deguchi
の計6名。

豪華……!
みなさんの作品がどのようなものとなるのか、とても楽しみです✨


さて、このアンソロジーですが、少し舞台設定のようなものがありまして。

「白い船は山の緑に湛(しず)んでいた。戦前に建ったホテルはすっかり朽ち、それがかえってアールデコ様式の退廃美をかがやかせている。リノベーションの話が持ち上がり、男は現地調査に来たのだった。暗い建物を抜け、鳥籠のようなシルエットの真ん中に立つ。屋根の墜ちた廃温室だ。」

これを共通の世界観としてアンソロジーが紡がれます。
……廃温室、いいですよね、浪漫の塊だと思います……
耽美であること、花が登場することもアンソロジーの条件ですので廃墟好き、耽美好き、花好きの方には特におすすめです✨
(それわたしだ……)

また、花うさぎさんの作品はどれもそうなのですけれど、装丁もとてつもなく素敵なのです。
上が布装丁、下が紙装丁です。

この布何だと思いますか?
紬だそうです……! 着物の生地の……!
最高ですよね……(この語彙力でこの装丁に負けず劣らず内側からも魅力を増すことができるのでしょうか……心配は尽きません)

つまり何が言いたいのかと言いますと、製本の仕方も和綴じですし、和風好みな方にもとてもおすすめなのです✨
(あれ、これもわたしだ……)

何と言いますか、こうなると愛が運に変換されていたのではないかと思えてきますね。
こんなにわたし得な企画が都合よく転がっていてもいいものなのでしょうか。
人生何があるかわからないものですね。
まあ何はともあれ、この幸運に感謝して早速執筆に入りたいと思います✨
『シズムアンソロジー』
主催:うさうららさん、磯崎愛さん
寄稿:瓜越古真さん、紺堂カヤさん、出口花霞さん、桜鬼
頒布予定:Text-Revolution7 (2018/7/16)、Zine展inBeppu

十人十色の一色は

12/16 桜鬼 @HanaOniTiriyuku

創作AdventCalendar2017

ななさん@nano1257 主催、「創作」をテーマに一日一つ記事を書き投稿する企画に参加しています。


ですので始めに少し自己紹介をしようかと思ったのですけれど、よく考えてみればこの記事自体が自己紹介の塊でしたので省略。

名前は桜鬼と書いて「はなおに」と読みます。時々自分でもさくらおにと勘違いします。

では。



同人誌始めました。

2017年を簡潔に纏めると上記のひと言に尽きるのではないかと思いますが、いい機会ですので今までの創作歴をのんびり振り返ってみたいと思います。

文芸のアマチュアには色々な選択肢が拓けていますけれど、どれをどのように選ぶかは本当に十人十色だなあと妙に感心してしまいますね。

・公募
・同人誌
(即売会、通販、書店委託)
・ウェブ投稿サイト
・ネットプリント
・電子書籍

ぱっと思いつくのはこの辺りでしょうか。

ちなみにわたしはこの中では書店委託以外一通り手を出してみたクチでして、この頃漸く自身の性格や目標に合う活動パターンが見えてきたような気がしているところです。

先ず、わたしは積極的にプロを目指しているわけではありません。ですが活動のメインは公募です。
何故?
我ながら反感を買ってもしようがないように思います。
けれどこれが色々と試した末の居心地のよさですので、わたしは胸を張って自身の活動についてここで少し詳細に紹介させていただこうと思います。

創作を始めたのはいつかと問われますと、小学生低学年、字が書けるようになった頃から物語を綴り詩を書いていたのは確かです。
小学生高学年の頃には立派に内職癖がつき、同級生にはまた書いているのかと呆れられ、更に保護者面談で問題になったのは今ではいい思い出ですね。
まあ書き始めた時期が早いからといってそれが技術的なアドバンテージになるとはあまり思ってはいないので、これに関して強いてよかったことを挙げるとすると書く癖が当たり前となったことでしょうか。
当たり前すぎて夢に小説家を挙げたことも一度もありませんでした。

また、プロを目指すという思考がなかったのは妹のおかげもあるのではないかと思っています。
というのも、わたしの誰かに読んで貰いたいという欲求ははじめから熱心な読者である妹によって十分に満たされていたのです。
プロを目指す人を悪く言っているわけではなく、ただ彼女のおかげで幾ら他の人に読まれずとも憔悴することのない鈍さを手にすることができたことは、わたしにとって恐らく幸せなことだったのだと思うのです。
心を揺さぶる悩みを持っていたほうが良いものが書けるのではないかという焦燥は常にあれど、書き続けてこられたのは彼女のおかげであるわけでして。

あ、妹への愛を語りすぎましたね……申し訳ない。


そのようなわけでそれなりに自己顕示欲の満たされていたわたしですが、自分を知らない人にどれだけ評価を得られるのだろうかという興味から、ある日ウェブの投稿サイトへと進出します。

同時にまるまる宣伝用のTwitterアカウントを作成し、投稿のお知らせなどをツイート、同じようにサイトに投稿していた方々をフォローしフォローされていました。

結論から言いますと、閲覧数や評価の際限のない世界観にわたしは少し疲れてしまいました。

例えば妹に読んで貰うとき、わたしから妹へ、妹からわたしへ、返ってきたらそこで一つの終着なのですけれど、ウェブは閲覧数の増加にも評価にも終わりが見えず、ああわたしには合わないのだなと理解したときに全ての作品を消してしまいました。
読み手としては簡単に探し回ることができ、いつでも読むことができる利便性が堪らないところではあるのですけれど。


そうして次に始めたのが公募でした。
これはわたしの性分に合っていたようで、落ちることを苦に感じることはまるでなく、そこで一つの評価、暗に足りないと言われることで、もしくは合格だと言われることで読んでもらったのだとわかることが一つの終着だと感じられたことにより、始めに述べたように公募は今でもわたしの活動の主軸となっています。

そのような理由ですからニーズに応えよう流行りに乗ろうという意識はまるでなく、どこまでも自分の書きたいものを書こうというスタンスでやっています。

いえ、向上心はあるのですよ。ただ数学や科学の楽しみが万人受けしないのと同じように、自分の好むものは万人受けするものではないのだろう、という意味でニーズには応える気がないのです。流行のものを見事に書ききる技量もあるわけではありませんけれど。ただ書きたいものを形にできるようにはなりたいですね。今はまだ氷をつくるつもりが蒸気になるのだから世話ないです。



さて、漸く同人誌のお話です。

本という形が好きなので色々と余裕ができたら製本したいという思いは前々からあったのですけれど、漸く準備が整ったのがちょうど今年であったのでした。

選んだ場所は秋の文学フリマ東京。
年始から即売会を探し始め、文芸では割とメジャーな場所であると知り、五月に一般参加により楽しみつつ秋の構想の練り始めました。

印刷所にお願いするということは決めていましたが、予算はあまりなかったので印刷所に頼る部分でこだわることは諦めることに。

だからと言って折角の同人誌、つまりやりたい放題、何かしらこだわって作りたいとは思いましたので、結局収録作全四篇の扉、表題の扉、奥付、ノンブルあたりで地味なこだわりを見せることになりました。


終わってみて思うこととしては、製本された本を初めて手にとる瞬間の高揚というものが予想以上であったということでしょうか。

既に病みつきになりかけており、二冊目の入稿も済ませてしまいました。

作品を売るという行為についても、そりゃあ体力は削られますけれど、一冊がある一人の手に渡るというその時点の幸福感がわたしの求めている終着に程よく馴染んでいましたので、即売会での活動もこれからまだまだ続けていくことができたらいいと考えています。

(在庫も二冊目もありますしね……)

とはいえ、対面で自身の作品を売るという形態そのものについてはかなり難しさを感じました。

会場が広く全てを見て回る時間がないことも一つの要因ではあるのでしょうが、ブースと売り手の雰囲気はかなり重要なのでしょうね。(当たり前か)
そこに至って先ず思ったことは、ブースは変えられるけれど自分の顔は変えることができない、ということでした。
自己評価的には作品と自分の外見とがかなり離れているのではないかと思っているもので。
そこまで気にすることではないのかもわかりませんが、いつか血迷ってお面人間と化す可能性を否定できません。

買いに来てくださった方の殆どがTwitterという顔の見えない世界で興味を持ち……というパターンであったことも中々考えさせられます。

また、Twitterの使い方については前回の反省点を含め、今回は読書垢として運用していくつもりであったアカウントをそのまま使うことにしました。

宣伝は抑えめにリプライや読了ツイートなど交流を主にしたいなあという気持ちで。
同時に同人での筆名がアカウント名そのままの桜鬼に決まりました。なんと適当な。
間違いなくサークル名のほうが真面目に考えていますね。

「波の寄る辺」というのですけれど、見るからに辺境にいますといった名前で中々気に入っております。

しかもこれ、ウェブ検索で殆どトップに躍り出るのです。

「桜鬼」で検索をかけてもわたしに辿り着くことはほぼ奇跡ですので尚更ですね。



また、今年はネットプリントと電子書籍化にも手をだしてみました。


ネットプリントはTwitterで募っていらしたイベントに参加する形での頒布でしたが、思いの外多くの方に手にとってもらうことができましたので今後も時々やってみたいと思います。
配布期間が決まっているのも性に合っていたようです。

使いようによってはいい宣伝になるのではないかとも思いましたね。
印刷代はかかってしまいますけれど、届かない場所の方にお試し冊子をお届けするようなイメージが浮かびました。
ほとんど即売会での活躍に限られる無料配布本を、敢えて郵送するよりは遥かにお安い。

一方の電子書籍は中々難しいですね。
読書垢の方々を見ているとやはり大多数は紙書籍派のようで、商業でもそうなのですから同人誌の電子書籍の読み手というと見つけるのはかなり困難を極めるのではないかと。

わたしも紙書籍派なので暫くしたらこちらは閉めてしまおうと考えています。
宣伝も工夫のしどころが見つからず。
 
 
 
……とまあ浚ってみますとこのような具合でしょうか。
最後に、もしやと勘付いた方もいらっしゃるかもわかりませんが、わたし、〆切も好きなのですよ。
押し付けられる〆切は遠慮願いたいですけれどね、公募がなくとも〆切は設定していましたね。
坂より階段、ステップアップ。
通過点は終着点と言えるほどはっきりしていたほうがわかりやすくて癒されます。

それから、試行錯誤も面白いことも大好物です。自身の能力の追い付く範囲で色々な企画にも参加してみたいですし、立ち上げてみたいと思っています。
ですので何か企画を練っている方はよかったらTwitterアカウントを教えてください。興味津々で覗きにいきますので……!
(記事のリンクを載せたツイートをいいねしてくださるだけでも恐らく覗きにいきます……! 自身の創作を宣伝したい方もぜひ)

と、まあなんだかんだ自身の創作姿勢を語っただけで終わってしまいましたね。
自己流のプロットや改稿の仕方、毎度頭を抱える宣伝の方法についても書いてみたかったのですけれど、長くなりそうですので今回はこのくらいで。
お役立ち情報は他の方が書いてくださっていますし、ね。
わたしの記事ですとリンク先の文フリレポートが多少お役立ちしているかもわかりません……
 
さて本日は長々とここまでお付き合いくださり本当にありがとうございました!
いいクリスマス、いいお正月になりますように✨
 
 
 
 
 
 
桜鬼について
平成生まれ。牡牛座のB型。
公募では君影港という名で活動中。
好きな作品は器楽的幻覚、Kの昇天、蒼穹、筧の話(梶井基次郎)、細雪(谷崎潤一郎)、一点鐘(三好達治)、家守綺譚(梨木香歩)、一つのメルヘン、月夜の浜辺、或る夜の幻想(中原中也)、古都(川端康成)等。
 
0 コメント