〈作品紹介〉

波の寄せる跡に残った断片集。
宝石などではない筈だ。
椰子の実だとか硝子片だとか流木だとか、殊更珍しくもないものたちの成れの果て、そんな短篇、掌篇、散文等。
ただ淡い不思議や非日常が、波に揉まれるうちに付加される。

2017年秋発行
 
短篇/掌篇/不思議/非日常
Neutral-中性的-な全四篇。


2017年11月23日(木祝)第二十五回文学フリマ東京にて初頒布の短篇・掌篇集。
第二回Kino-Kuni文學賞にて『迷子の栞』を佳作に選んでいただきました。


【感受回路の首飾り】

2018年新春発行
短篇/女子高生/SF風
わかれ道が迫る高校三年生、春。
社会の声、大人の声がいやでも耳に入る、レッテルを貼られる、そうした中でそれぞれに悩み選び取っていくより他にない。

【百日紅】

2018年秋発行
短篇/お嬢様/口紅/怪異
お嬢様育ちの風花と、彼女の家の運転手の息子辰樹、名前のつかない二人の関係を不思議な口紅が揺らがせる。

【天使の番】

2018年秋発行
短篇/旅/選択/美
情景が語り出す旅の短篇。
不思議な探し物をしている女性と巻き込まれる旅人、二人は平行線のまま、季節は冬へと向かっていく。

【Who are you ?】

2019年夏発行

掌篇/神戸/写真/出張

 

その日、俺は出張で博多に向かう予定だった。

 

旅を楽しめない社会人のとある一日。


呟集   vol.01『真珠』

2018年春発行
問いかけと幻想の140字小説集

【PortRay】

2019年春発行

アンソロジー/横浜/神戸/港町

 

横浜と神戸を舞台にした港町アンソロジー

 

奇術と発明、異人館とすれ違い、灯台と内包、声と善意、無意識と海、水と隔たり……潮に呑まれ、潮風に立ち尽くすような物語をその手に。