〈天使の番〉



2018年秋発行予定
短篇/旅/選択/性

石の壁に背を預け、細い街路樹に背を預け、私の寂しさは土の中へと還っていく。そこには人の言うような虚しさもなく、ただ風は吹き、川面は揺れ、太陽は西へと傾いていく、何かそういった事象と変わらないひとつになるのである。